古文

古文

大和物語「姨捨①(信濃国に更級といふ所に~)」品詞分解・現代語訳・解説|人間関係をおさえよう

大和物語「姨捨」/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/をばと嫁/さしてむ
古文

徒然草「花は盛りに②望月の隈なきを~」現代語訳・解説

徒然草「花は盛りに」/望月の隈なきを千里の外まで~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/筆者が言いたかったこと/漢詩
古文

徒然草「花は盛りに①花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは~」現代語訳・解説

徒然草「花は盛りに」/月は隈なきのみを見るものかは~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/遠き雲居を思ひやり/待ち出でたる
古文

枕草子「ふと心劣りとかするものは」現代語訳・解説

清少納言/枕草子「ふと心劣りとかするもは」/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/言葉の文字とは/まのもなく/ひてつ車
古文

枕草子「宮に初めて参りたるころ②」(暁にはとく下りなむと~)現代語訳・解説

清少納言/枕草子「宮に初めて参りたるころ」暁にはとく下りなむ~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/葛城の神とは/「まな」と言った理由/上げちらすのは誰/
古文

枕草子「宮に初めて参りたるころ①」(宮に初めて参りたるころ~)」現代語訳・解説

清少納言/枕草子「宮に初めて参りたるころ」/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/もののはづかしきこと/中宮定子/
古文

奥の細道「平泉」品詞分解・現代語訳・解説

奥の細道「平泉」三代の栄耀一睡のうちにして/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/一里こなたにあり/五月雨を降り残す
古文

奥の細道「旅立ち」品詞分解・現代語訳・解説

奥の細道「旅立ち」月日は百代の過客にして~/弥生も末の七日、/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/幻のちまたとは?/句にこめられた思い
古文

徒然草「今日はそのことをなさんと思へど」品詞分解・現代語訳・解説

徒然草「今日はそのことをなさんと思へど」今日はそのことをなさんと~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/「ぬ」の見分け方/兼好法師の人生観
古文

徒然草「雪のおもしろう降りたりし朝」品詞分解・現代語訳・解説

徒然草「雪のおもしろう降りたりし朝」雪のおもしろう降りたりし~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/おもしろし/ひがひがし/をかし/ある人とは/返事の意味