あずき

漢文

孟浩然「宿建徳江(建徳江に宿る)」現代語訳・解説|作者の思いとは?

孟浩然/舟を移して~/白文/読み仮名付き書き下し文/語句解説/現代語訳/状況をおさえる/作者の思い
未分類

大和物語「姨捨②(月のいと明き夜~)」品詞分解・現代語訳・解説|男の思いとは?

大和物語「姨捨」/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/和歌の意味/男の思い/慰め難しのいわれ
古文

大和物語「姨捨①(信濃国に更級といふ所に~)」品詞分解・現代語訳・解説|人間関係をおさえよう

大和物語「姨捨」/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/をばと嫁/さしてむ
漢文

「孟母断機」現代語訳・解説|母がブチ切れたのはなぜ?

孟子/孟子之少也~/白文 読み仮名付き書き下し文 語句解説 現代語訳/母の思い/是を以つて/
漢文

白居易「香炉峰下、新卜山居草堂初成、偶題東壁」現代語訳・解説|白居易の思いとは?

白居易/日高く睡り足りて猶ほ起くるに慵し~/白文 読み仮名付き書き下し文 語句解説 現代語訳/白居易の本音
漢文

白居易「八月十五日夜、禁中独直、対月憶元九」現代語訳・解説

白居易/八月十五日夜、禁中独直、対月憶元九/白文 読み仮名付き書き下し文 語句解説 現代語訳/漢詩のきまり/元稹/
古文

徒然草「花は盛りに②望月の隈なきを~」現代語訳・解説

徒然草「花は盛りに」/望月の隈なきを千里の外まで~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/筆者が言いたかったこと/漢詩
古文

徒然草「花は盛りに①花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは~」現代語訳・解説

徒然草「花は盛りに」/月は隈なきのみを見るものかは~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/遠き雲居を思ひやり/待ち出でたる
古文

枕草子「ふと心劣りとかするものは」現代語訳・解説

清少納言/枕草子「ふと心劣りとかするもは」/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/言葉の文字とは/まのもなく/ひてつ車
漢文

史記「澠池之会(澠池の会)②秦王飲酒酣にして~」書き下し文・現代語訳・解説

史記 澠池之会(秦王飲酒酣にして~)/白文 読み仮名付き書き下し文 語句解説 現代語訳/御史に記録させた理由/五歩の内とは