古文

古文

枕草子「野分のまたの日こそ」現代語訳・解説|清少納言の独自の視点に注目しよう

枕草子 清少納言 第百八十九段 野分のまたの日こそ 本文 原文 ふりがな付き ひらがな 品詞分解 現代語訳 わかりやすく解説 登場人物 語句の意味 独自の視点 むべ山嵐を 和歌 古今和歌集 根こそぎに
古文

枕草子「中納言参り給ひて」品詞分解・現代語訳・解説

枕草子 中納言参り給ひて 内容 わかりやすく解説 本文 ひらがな 読み仮名付き 品詞分解 語句解説 現代語訳 何の骨 敬語の方向 誰のセリフ
古文

竹取物語「天の羽衣/かぐや姫の昇天(天人の中に持たせたる箱あり~)」現代語訳・解説

今回は竹取物語から「天の羽衣/かぐや姫の昇天(天人の中に持たせたる箱あり~)」の現代語訳と解説をしていきます。読み仮名付きでわかりやすくなっています。天に旅立つかぐや姫が帝への思いを語る場面や、和歌の意味なども解説しています。竹取物語のクライマックスを味わっていきましょう。
古文

更級日記「物語」現代語訳・解説|念願の源氏物語を手に入れる

更級日記「物語」本文 原文 現代語訳・解説 読み方 ふりがな付き ひらがな 品詞分解 念願の源氏物語 物語を手に入れる いと清げなる僧 夢にはどんな意味がある
古文

「絵仏師良秀」現代語訳・解説

今回は宇治拾遺物語より「絵仏師良秀」の現代語訳と解説をしていきます。本文の読み方、現代語訳、品詞分解をして語句の意味をおさえましょう。わかりやすく解説し、内容を理解していきます。
古文

徒然草「奥山に、猫またといふものありて」現代語訳・解説|猫またの正体は?

兼好法師 徒然草 奥山に、猫またといふものありて 現代語訳 解説 品詞分解 わかりやすい超現代語訳あり 内容にオススメ 猫またの正体 夜更ふくるまで連歌 連歌の商品 僧の人間味
古文

今鏡「用光と白波」現代語訳と解説

今鏡より「用光と白波」について本文、現代語訳、品詞分解とその語句の意味はもちろん、内容をわかりやすく解説します。大事なポイントもおさえて、授業の予習はバッチリです!まずはざっくり内容を押さえたいという方は、「あずき的 超現代語訳」から読むことをオススメします。
古文

徒然草「亀山殿の御池に」現代語訳・解説|筆者が主張したいことは何?

徒然草 随筆 兼好法師 吉田兼好 亀山殿の御池に 現代語訳 解説 品詞分解 意味調べ 大井の土民 宇治の里人 水車造り 比較 筆者が主張したいこと その道を知れる者 やんごとなきもの 後嵯峨上皇 皮肉
古文

土佐日記「帰京」現代語訳・解説-作者の思いを詳しく

土佐日記の「帰京」について現代語訳と解説。品詞分解と語句の解説までわかりやすく紹介。土佐での任期 土佐からの帰京 隣人トラブル 娘との別れ とまれかうまれ、疾く破りてむ あはれ 紀貫之 随筆
古文

土佐日記「馬のはなむけ/門出」現代語訳・解説-情景を理解して味わう

今回は土佐日記より「馬のはなむけ」について読んでいきます。または「門出」とも呼ばれるお話です。男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。男がする(書く)とか言う日記というものを、女の(私)もしてみようと思ってする(書く)のである。