あずき

古文

奥の細道「旅立ち」品詞分解・現代語訳・解説

奥の細道「旅立ち」月日は百代の過客にして~/弥生も末の七日、/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/幻のちまたとは?/句にこめられた思い
古文

徒然草「今日はそのことをなさんと思へど」品詞分解・現代語訳・解説

徒然草「今日はそのことをなさんと思へど」今日はそのことをなさんと~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/「ぬ」の見分け方/兼好法師の人生観
古文

徒然草「雪のおもしろう降りたりし朝」品詞分解・現代語訳・解説

徒然草「雪のおもしろう降りたりし朝」雪のおもしろう降りたりし~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/おもしろし/ひがひがし/をかし/ある人とは/返事の意味
古文

平家物語「木曽の最期③義仲の最期と兼平の自害」品詞分解・現代語訳・解説

平家物語「木曽の最期」木曽殿はただ一騎~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/「あふれどもあふれども」読み方と意味/義仲と兼平の最期の違い/「なかりけれ」の意味
古文

平家物語「木曽の最期②兼平の最後の戦い」品詞分解・現代語訳・解説

平家物語「木曽の最期」今井四郎ただ一騎~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/「あぶみ」と「よろい」/御めのと子とは/兼平の行動の意図/義仲への思い
古文

平家物語「木曽の最期①義仲と兼平の別れ」品詞分解・現代語訳・解説

平家物語「木曽の最期」今井四郎、木曽殿~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/義仲と兼平/重くなった鎧/兼平の思い/「さらば」に込められた思い
古文

伊勢物語「筒井筒」品詞分解・現代語訳・解説

伊勢物語「筒井筒」昔、田舎わたらひしける人~/読み仮名付き本文・品詞分解・語句の意味・現代語訳・解説/幼なじみの二人/もとの女と高安(河内)の女の違い/和歌の意味
漢文

「鴻門之会③/樊噲、頭髪上指す(於是張良至軍門~)」現代語訳・解説

史記 鴻門の会 樊噲、頭髪上指す(是に於いて張良軍門に至り~)/白文 読み仮名付き書き下し文 語句解説 現代語訳/張良が軍門に来た理由は?/樊噲の怒りと項王の対応/樊噲の主張とは??
漢文

「鴻門之会②/剣の舞(沛公旦日従百余騎~)」現代語訳・解説

史記 鴻門之会 剣の舞 沛公旦日百余騎を従へ、来たりて項王に見えんとす/白文 読み仮名付き書き下し文 語句解説 現代語訳/座った場所の意味は?/范増が項王に迫った決断とは?
漢文

史記「鴻門之会①/項羽、大いに怒る(楚軍行略定秦地~)」現代語訳・解説

項羽、大いに怒る(楚軍行略定秦地~について/白文、読み仮名付き書き下し文、語句解説、現代語訳/2回の「項羽大いに怒る」理由とは/時代背景/項羽と沛公の人物像を解説